ヲカシノイエについて


『ヲカシノイエ』とはグリム童話のお菓子の家と古語のしみじみとした趣を意味する「をかし」からとったものです。

日々の興味深い出来事や、夢でみた情景などをテーマに、主に日本画の画材で表現していきたいと思っています。

私自身食べることが好きなので、モチーフに食べ物が登場する機会が多いです。

夢のなかでは現実ではありえないことが起こっていても、あらゆることにリアリティを感じられますが、食べ物に関しては食感や味もなんとなく味気なく感じます。食べ物を描くことで夢のなかの非日常性と現実を生きている実感を結びつける糸口としているところがあるのかもしれません。

 

 

 

絵の主題について

日々の暮らしの中で気づいたことや不思議なことをテーマに制作しています。

夢の中での出来事や想像上の生き物が好きなのでモチーフにすることが多いです。空想の世界や未知の出来事は、奇抜さや怖さが強調されがちですが、私は作品をみてくださった方に親近感や面白さと感じていただける作品を目指しています。

 

 

展示活動について

絵は幼少の頃から描き続けていたのですが、作品を展示する機会がありませんでした。

本格的な展示活動は2017年から始めました。

まだ作品としては技術的に未熟な部分もありますが、展示活動や普段の制作を通して作品の質の向上に努めたいと考えています。


©2017斎藤理絵